スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 
 

ヘリオコンパス 知ってますか?

ヘリオコンパスって知ってますか?

ヘリオコンパス http://www.heliocompass.com/
協賛サイト http://www.heliostera.com/

杉山開知さんの発案、そしてたくさんの協力者のもと、できあがったサイトで、
惑星の正確な配置がビジュアルに見れます。ぐるぐる動かして楽しめます。
”あれっ”と思ったなら、ぜひ、登録してみてください。


メールマガジンを登録すると、その日の惑星配置についてのあれこれがタイミングを
ずらさずに送られてきます。

以下に紹介するのは金星特集ですが、”太陽で生きる”でことばにしたかったことの
何かを上手にことばにしていただいていると感じましたので、、、、ここに掲載します。
一部抜粋です。惑星通信はもっと多岐にわたってかかれていますので、ピンときたら
ぜひサイトからたどって実際のものをみていただけたらと思います。


惑星通信 10月22日 (金) 長月十五夜より抜粋
───────────────────────────────────
【金星特集】 芸術性UP 前編
───────────────────────────────────
自分にとって心地がよく、大好きな音楽のフレーズのように心がときめくことに
は、誰しも夢中になれるものです。好きこそものの上手なれという感覚が金星の
心のあり方です。それは無理に練習もせず、美しく見せようともせず、ただ夢中
になっているのが好きなのです。夢中でひたむきな、その姿は素敵であり、そこ
に人間の持つ芸術性の本質があります。

誰しも生きているだけで芸術的なのですが、普段の日常生活では、自分の主観が
邪魔をして、エゴや虚栄心で本当のアーティスティックな力が出し切るのは大変。
芸術性には心の自由さがなにより大切なのです。そのためには、過去にとらわれ
ている、後ろ向きな気持ちから、まずは抜け出すことです。

宇宙は常に動き、回っているレコードのように、今この瞬間しか聞けない音楽
を奏でています。心が縛られているとCDに傷がついたように、何度も過去の時間
をリフレインしてしまいます。

芸術性をアップさせるためには、自分の記憶の浄化が必要です。
夢中で何も気にせず、今に打ち込める状態が続けば、誰でもどの分野でもアーテ
ィストになれます。普段受け止められない感情も、地球暦のような大きな世界観
に立ち返るとき、自分と周りの繋がりの見方や捉え方が変わることで、自然と
状況を認め許し、受け流す助けになります。

浄化には太陽の光のエネルギーがたくさん必要です。夜の闇の中では解決できま
せん。自分と太陽との繋がりを取り戻し、今を生きることへの喜びや感謝が受け
取れるようになるとき、恩や愛情が、心のとらわれや、わだかまりを溶かし、本
来の素直な姿の方向性を引き出していきます。そして相手への寛容さが器を広げ
て、芸術性を深くしていきます。

地球の内側で調和を奏でる金星は、私(地球)の心を感情(金星)を、美という
法則の枠組みで律するように、太陽系一、真円の丸に近い軌道を保っています。



惑星通信 10月23日 (土) 長月十六夜より抜粋
───────────────────────────────────
【金星特集】 芸術性UP 後編
───────────────────────────────────
太陽の輝きを最大限に引き出してくれるのが、金星です。
夜空の中では太陽と月の次に明るいのが金星で、シリウスよりも20倍もの輝きを
持っています。そして心の内側からあふれるような豊かさを引き出し、喜びと楽
しみに満ちた気持ちで創作しますので、創造には限界がなく、まるで無限の泉を
心の中に持つようなものです。

心の輝きをいかに引き出すか、
というテーマは芸術家やアーティストだけでなく、日常を豊かに過ごしたいと願う
皆に共通することです。心が輝いている状態が自分にとっても相手にとってもかけ
がえのない時間を作る事になります。
芸術はモノや形に宿るのではなく、スピリットや時間など目に見えないものに宿り
ます。ですから芸術は神秘的であり、無限の奥行きを持っているのです。心の輝き
には限界はなく、輝こうと思えばいくらでも輝く事ができます。金星が明けの明星
で、夜明けの空に輝くこの時期に、光をいっぱいもらって創作、創造し、結びの働
きに合わせて、種をまいていきましょう。
そして金星が開きに変わる2011年8月16日頃には、《太陽を挟んで》地球と金星が
重なり、今、創造した輝きがさらに太陽を通じて、明確な意志を持って形となって
現れることでしょう。その時あなたの作品は、何気ないものでも美しい輝きを放ち、
人の心に芸術性を感化させるような存在となっていることでしょう。

------- 抜粋ここまで -------


開知さんとは2006年だったと思いますが、静岡のスタジオでのライブのあとお会いしました。集まりにすっと現われて、熱心にひとりひとりに地球暦の話をしていた姿がずっと心に残っていました。

今年、開知さんのイベントが宇々地さん宅で開かれるというので会いに伺いました。熱心さは変わることなく、惑星の名前を連ねた歌をギター片手に歌ってくれたり、楽しく体当たりな講演会には思わずニコニコになってしまいます。

おしみなく表現しましょう。

そうですね。

太陽でいきましょう。


ということで、HAVE A NICE HELIOS!
(・・・これは惑星通信の合言葉です)


スポンサーサイト
 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。